上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けましておめでとうございます。工房ひびきです。
本年も宜しくお願い申し上げます。

元旦から平常通り仕事ですが、分厚い新聞と年賀状に新年を感じています。

昨夜のブログに書いた8400形の幌ですが、上下を間違えておりました。

2014年1月1日 エピローグ①
 修正しました。

何となく違和感を覚えたので写真で確認しましたら、耳たぶ様の張り出しが
ある方が下でした。取付前で良かったです。

泣く泣くシンナープールに浸けて、再塗装しました。

その幌を取付けて、寄居方の先頭車8400形が落成です。

2014年1月1日 エピローグ②
 幌が付いて勇ましくなりました。

国鉄では幌とジャンパケーブルを、同一車輌にセットで配置する例が圧倒的に
多かったように思います。東武では逆ですね。

小さな幌ですが幌枠はジャスミンホワイトとロイヤルブルー、幌本体はねずみ色
1号と3色の塗り分けです。

池袋方の先頭車8100形には、これを付けました。

2014年1月1日 エピローグ③
 ジャンパケーブルです。

黒いパイプ(塩ビだと思います)を車体のセン収め体と、床下の栓受体に差し
込みます。
脱着可能なので、上回りと下回りの分離も問題ありません。
見映えも良いですし、これは好パーツです。

元から寸法がタイトなのでしょうが、塗膜の厚さが加わるので差し込みに難儀
しました。老眼の影響も多分にありますが・・・・。

これで本当の落成となりました。

西武沿線に育ちましたので、東武にはあまり興味がありませんでしたが、古い
車輌でも手を入れて戦力とする点は、所沢工場が活気に満ちていた頃の西武と
相通じるものがあります。

都落ちした8000系が800系・850系と名を変えて群馬県でも活躍しています。
ぶらりと伊勢崎まで出かけて、乗ってみようかと思います。

スポンサーサイト
こんばんは。工房ひびきです。

前面窓はこんな体裁です。

2013年12月31日 落成①
 額縁を印刷で表現しています。

OHPシートのような薄手の板に印刷されています。
切取線は入っておらず、切断は製作者任せです。

接着代が欲しいので、少しでも大きく切断したいです。
小さくなってしまうと取り返しがつきませんので、前面に合わせながら徐々に
小さくしていきます。

1枚合ってしまえば、後の3枚は同じ寸法で切断できます。

2013年12月31日 落成②
 何とか収まりました。

予備がありませんので、ヒヤヒヤでした。

接着剤が乾くまで、中間車の組立をしています。
写真は8200形です。
床下機器が、これでもかと並んでいます。
改めて台車の大きさ(長さ)を実感します。

2013年12月31日 落成③
 仕上げの工程に進みます。

写真はエアホースのハンドルに色差ししているところです。
車体をかぶせると殆ど見えませんので、自己満足の世界ですが・・・・。

運転室の仕切りは純正部品ですが、8000系用と明記されていながら上部を
削らないと車体と干渉します。うーん。

これで(一応)落成です。

2013年12月31日 落成④
 4輌並ぶと壮観です。

運転席には、ライトケースを兼ねた純正の運転台ユニットを接着してあります。
マスコンハンドルには色差ししておきました。これも自己満足の世界です。

(一応)落成としたのは、これを忘れていたからです。

2013年12月31日 落成⑤
 8400に付く幌枠です。

幌枠は車体前面と同じ配色なので、ロイヤルブルーを先に吹いておきました。
車体が塗れたら帯の位置を合わせるつもりが、失念していました(泣)。

写真のように帯の位置を出して、ジャスミンホワイトを吹きました。
明日、ひっくり返して幌部分に灰色を吹きます。
明日中には「本当の」落成です。

大晦日です。
時の流れの速さを、改めて感じます。
思い残すことは山ほどありますが、来年の仕事に反映させます。
やりたい事、やるべき事がたくさんあることに感謝しております。

稚拙なブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年も宜しくお願い申し上げます。
どうぞ良い新年をお迎えください。

こんばんは。工房ひびきです。

今日は暖かくて過ごしやすかったです。
穏やかな正月になると良いですね。

窓セル貼りも後半戦です。

2013年12月30日 続・窓セル貼り①
 幅の狭い窓セルを切り出しておきます。

2段窓を表現するため窓サッシは2ピース構成で、裏に段差があります。
窓セルをペタリと貼る訳にいきませんので、上段・下段の幅に合わせてカット
した窓セルを貼ることになります。

上段を7mm幅、下段を9mm幅にしました。
それぞれ少し多めに切っておきます。
不思議なもので、予備があると意外と失敗しないものです。

ようやく貼れました。
残りはクハの前面のみです。

2013年12月30日 続・窓セル貼り②
 勢い余って、中間車は車体を完成させてしまいました。

中間車は、既に完成している下回りを組み付ければ完成です。
窓セルを貼ると、一段引っ込んだ下段窓が強調されて良い雰囲気です。

前面の窓セルは、額縁部分が黒く印刷されています。
大き目にカットして、徐々に切り込んでいく現物合わせ的な作業になります。

焦らず、コツコツ合わせることにします。


こんばんは。工房ひびきです。

幾多の不規則突起を避けて、なんとか窓サッシを貼り終えました。

引き続き窓セル貼りに進みます。

2013年12月29日 窓セル貼り
 まだ道半ばです。

ドアと方向幕を貼り終えたところです。
サッシは2段窓表現で、車内側に貼り合わせの段差があります。
これに合わせるため、窓セルを細幅に切らねばなりません。
切り出しが終われば完了したようなものですので、もう一頑張りです。

写真の右から2輌目、8200形には貫通扉を貼りました。
IMONの両開き扉の幅を詰めて使っています。
ステンレスシルバーを塗り、国立車両製造さんの戸当たりゴムを貼って
あります。
連結してしまえば判らない部分ですが、8200形として手にした時にニン
マリしていただくための演出です。

しばらく自炊が続いていますが、今夜は豚焼肉丼にしようと思います。
地元産のネギで油に香りを付けて、肉は下仁田ポーク。
ちんけな楽しみではあります。

こんばんは。工房ひびきです。

手を動かす時間ができたと思ったら、悪い知らせが飛び込んできます。
どこまで壊せば満足なのかしらん・・・・??

自分の力では、どうにもできないこともありますが、仕事は別です。
手を動かせば進んでいきます。
浜省ではありませんが、「山のような仕事抱え込んで凌ぐ」しかありません。

さて、東武8000系の窓サッシです。

2013年12月28日 窓サッシ①
 2ピースで構成されています。

右の2枚を組み合わせて、左の状態にします。
下段が奥まった状態を再現しています。

貼り合わせにはゴム系接着剤を使っています。
見た目を考えて、プレス加工時のカエリが内側にくるようにしています。

2013年12月28日 窓サッシ②
 斜めから見ると、良い感じです。

車側表示灯のレンズも入れておきました。

サッシはあらかた入ったのですが、キサゲが不十分だったり、付ける必要が
あるのか疑問な補強材が曲がって付いていて、サッシの方を削らなければ
収まらない所が数箇所あります。

これから現物合わせ的切削作業です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。