上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。呑んべえ達磨です。

先ほど帰宅しました。
仕事以外は家族と飲んだり、友と飲んだり大いにリフレッシュした3日間
でした。心も新たに今月も頑張りますので宜しくお願い申し上げます。

ヤフオクに出品していた豆腐屋ことトフ8ですが、宮城県のお客様にご購
入いただきました。H様、ありがとうございました。

間もなくお別れですので、改めて記念撮影しました。

2011年5月5日トフ8①
我ながら気に入っております。

次は妻板の異なるBタイプで製作してみたいです。

旅立ちに向けてこれから整備します。
説明書通りのネジを使うと、ネジ端が荷台から大きくはみ出します。
「合い」の悪い場合は長いネジの方が組み易いですが、このキットでは
その心配もありませんので、最適な長さのネジに交換して見栄えを向上
させます。

2011年5月5日トフ8②
ネジも5月3日に購入して参りました。

ネジを交換して、エアー吹きして、紙箱に入れて発送を待ちます。
それにしても寂しい。

この寂しさが多いほど工房ひびきは繁盛しているということ。
たくさん寂しがらないといけないですね。

「馬鹿だいね~。」
スポンサーサイト
こんにちは。呑んべえ達磨です。

アルモデルのトフが完成しましたので、ヤフオクに出品してみました。
上の「ヤフオクに出品」をクリックして頂くと、オークションをご覧頂けます。

追加工もあるのですがアルモデルの貨車にしては高いと思われるかも
しれません。実際はこれでも赤字です(泣)。
どんな評価になるのか楽しみです。

ヤフオクでは写真の容量に限度がありますので、こちらで別に撮った
9枚を紹介させて頂きます。

2011年4月26日トフ8①ブレーキハンドル
 自己満足の結晶、ブレーキハンドルです。

φ0.4の真鍮帯板でステーを作り、エコー製のブレーキハンドルを接着
しました。ハンドルは室内色(緑白色)に塗ってありますので、車体色の
黒との対比がたまりません。と、作者は思っております。

2011年4月26日トフ②妻板ハンドル側
正面のブレーキハンドル側です。

とって付けたような尾灯とエアホース、そして欠き取られた妻板が改造を
重ねて生き延びた証です。
ブレーキハンドル、いかがでしょうか?

2011年4月26日トフ8③妻板非ハンドル側
正面の非ブレーキハンドル側です。

窓ガラスはエコーのポリカーボネート製で厚さt0.25です。
初めて使いましたが、透明感があって良いと思いました。

2011年4月26日トフ8④側面蓄電池側
側面の蓄電池側です。

床下に何も無いのは寂しいので、エコー製の車掌車用蓄電池箱をぶら
下げました。

2011年4月26日トフ8⑤側面非蓄電池側
こちらは側面の非蓄電池側です。

2011年4月26日トフ8⑥側面を斜めから
斜めから見て見ます。

エンドウのインレタは数字が大きいです。マンガチックで可愛いので、
使ってしまいましたが・・・・。

2011年4月26日トフ8⑦真上から
真上からの写真です。

ネジの端部が見えてしまいますので、積荷で隠すと良いと思います。
積荷は豆腐でしょうか、それとも大豆?

2011年4月26日トフ8⑧床下を真上から
床下です。

エコー製の軸受が存在感を発揮しています。俄然模型らしくなりました。
連結器はケーディー№5です。

2011年4月26日トフ8⑨床下を斜めから
床下を斜めから見ます。

車輪はエンドウのφ10.5スポーク車輪(ビボット)です。シノハラのMD
ブラックで黒染めしました。軸穴に塗料が入らないようマスキングしまし
たので、転がりは比較的良いです。

心を込めて製作いたしました。IMON製の貨車用紙箱に収納し、大切に
納品させて頂きます。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「トフ8=豆腐屋」は製作中に思い付きました。本人だけが面白いと思って
いるところが、親父ギャグの親父ギャグたる所以です。

ネーミングのせいで売れなかったらどうしよう・・・・。

「馬鹿だいね~。」
こんにちは。呑んべえ達磨です。

本日で開業1ヵ月です。
引越しの影響もあってバタバタ過ごした1ヵ月でした。
おかげ様で注文も少しずつ入ってくるようになりましたが、まだまだ
お客様も仕事も足りないです。

好きな気動車と客貨車そして小型電車に力を入れて行きたいと思い
ます。
キットの組立・改造そして修理(時間に余裕ができて鉄道模型を再開
したけれど、車輌が動かない等々)のご用命をお待ちしております。
楽しくないと趣味は長続きしません。
お客様の立場に立って取組んで参ります。

さて、完成したトフです。早速塗装をしてしまいます。
液体クレンザーで洗浄した後、マッハ製のメタルシールプライマーを
吹き付けます。比較的入手が容易なのと、塗料の固着力もあるので
愛用しています。

下地処理が済んだら、まずは下塗りから。

2011年4月25日トフ①
細かい部品は割箸にマスキングテープで固定します。

軸受ですが、床板の幅に余裕が無く塗料を入れたくありません。
軸穴をマスキングします。

下塗りとして明るい灰色を吹きます。

2011年4月25日トフ②
塗料はマッハの23番です。

現在は上塗りの艶消し黒を吹いています。
片面を塗り終えて乾燥待ちの時間に更新しています。

呑んべえ達磨にしては有効な時間の使い方です。

今日は時間の使い方に自画自賛です。
などと無駄口をたたいていたら突然の雨・・・・。
しかも雷まで鳴っています。

雨・・・・。

さっきまで晴れてたのに~。

「馬鹿だいね~。」
おはようございます。呑んべえ達磨です。

雨も上がり爽やかな朝になりました。
キハ66+キハ67は通販の部品待ちのため暫時休憩です。本日
到着の予定ですので、夜には再開できると思います。

その間を利用して仕掛品2点を仕上げてしまおうと思います。
第一弾はこちらです。

2011年4月24日アルモデルのトフ①
アルモデルのトフです。

ようやく完成しました。
ドアハンドル・エアホース・尾灯・蓄電池箱を取付けています。

斜めから見ると。

2011年4月24日アルモデルのトフ②
とって付けたようなエアホースがチャームポイントです。

エアホース取付けのため、妻板を少し欠き取ってあります。
改造を重ねながら生き長らえてきたという想定も楽しいです。
と、これは自己満足。

塗装後にもう1点パーツがつきます。
恐らく、これはもっと自己満足。

それにしても乗務員室の狭いこと。室内はどんな風になっていたので
しょうか?立って乗務?組合に吊るし上げられそうです。メタボの車掌
さんは荷台に乗務してもらわないと。

西武鉄道の飯能駅に廃車待ちと思われるトフの一群が留置されている
のを見たのは小学校の遠足の時でした。さしもの西武でも廃車は早か
ったようです。

これから塗装します。

今日は火傷ならぬシンナー中毒に気を付けます。

「馬鹿だいね~。」
こんばんは。呑んべえ達磨です。

鹿児島交通キハ300の発送が完了しました。
今回はお客様ご自身で艤装・塗装をされるため、到着後にすぐ作業に
入れるようにしたいと思っておりました。
窓枠や窓セルがそのまま付けられるように、車内の余分なハンダや手
摺の余白を徹底的に除去しました。

終わりました。今朝の3時半に。
一眠りした後、洗浄・脱脂・乾燥を経て、梱包・発送となりました。
寂しい・・・・。

発送とお客様への報告が終わったので、少し横になりました。
気が付いたらこの時間です。久し振りの昼寝でした。

キハ66に着手しようと思いましたが、寝ぼけ眼で作業するには題材と
して重いです。

困った時はこれ。

2011年4月19日アルモデルのトフ
久し振りの登場。アルモデルのトフです。

気分転換には最適です。
素組でも愛らしい貨車が簡単にできますが、改造・加工に耐え得る堅
牢さが嬉しいです。
製品には無いものも付けており、また準備がされています。写真から
三つ位はすぐ見つかると思います。

後は部品を2個ハンダ付すると完成です。

さて、いよいよキハ66にチャレンジです。

睡眠もしっかりとったので、良い知恵(悪知恵とも・・・・)出るかしら?

「馬鹿だいね~。」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。