上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。呑んべえ達磨です。

上毛デハ101の車体に取り掛かります。
車体に剛性を持たせたいので、最初にドアを貼ります。

2012年4月30日 上毛デハ101①
 車体はエッチング加工した板をプレスで曲げています。

車体は洋白製です。
後で触れますが、少しバリが多いです。

2012年4月30日 上毛デハ101②
 ドアも洋白製です。

約半数は写真の左側のように、下端にバリがありました。
ドアは車体に対して下端合わせです。位置を出すのに支障がありますので、ヤス
リで除去しました。

車体中央寄りが戸袋ですので、手掛けは車端側になります。
従って左右がありますが、向かって左に附くドアにはドア表示灯を避けるための
欠き取りがあります。
結果としてポカヨケになっています。

2012年4月30日 上毛デハ101③
 あららら・・・・。

窓が高くなってしまうドアがありました。
他のドアと並べてみると、縦方向に長いです。
ドアは下端で合わせるので、長い分だけ窓が上になってしまいます。

気を取り直してドアをカットしようとしましたが・・・・。

ま、ま、窓も大きいです。
他の車輌のパーツが混入したようです。

これでは直しようがありません。
明日、夢屋さんに頼まなければ。

2012年4月30日 上毛デハ101④
 問題の1枚を残して貼りました。

好事魔多しです。
日頃の行いでしょうか?

代替部品が来るまで、できる所を進めていきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。